HOME > 受験の傾向と対策 > 都立高校の種類

受験の傾向と対策

一覧へ戻る  |  平成28年度 都立高校入試の変更点 >

都立高校の種類

学科別の特徴

【普通科】
 学校が定めた教育内容に従い、所定の科目や自分で選択した科目を学習します。
 大学・短期大学・専門学校への進学や就職など、幅広い進路選択への対応が
 可能です。

【コース制(普通科)】
 生徒の興味・関心や進路希望に対応できるよう、特定の分野の科目を通常より
 も20~25単位程度多く、1年次から学習することができます。
 外国語コース、外国文化コース、造形美術コース、ことばと情報コースがあり
 ます。

【専門学科】
 卒業してから実社会ですぐに使える専門知識や技術を身につける学科です。
 都立高校では以下に関する学科が設置されています。
 商業/工業/農業/家庭/体育/福祉/芸術/国際関係/産業/科学技術
 ビジネスコミュニケーション

【総合学科】
 普通科目から専門科目まで幅広い選択科目の中から自分の特性や進路希望に
 合った科目を選択して学習します。自分の生き方や将来の進路を考える
 「産業社会と人間」という科目を全員が履修し、科目選択に生かします。

タイプ別の特徴

【進学指導重点校】
 難関国公立大学や医学部への進学を実現するために必要な学習に取り組む学校
 です。国公立大学進学に対応したカリキュラムの編成や、自校作成問題による
 学力検査の実施などが大きな特徴です。進学指導重点校は進学実績などの所定
 の選定基準のほか、生徒の学力の伸長度、各校の取り組み状況をもとに、教育
 委員会によって指定されます。
 (日比谷・戸山・青山・西・立川・国立・八王子東)


【進学指導特別推進校】
 国立大学や難関私立大学への進学を実現するために必要な学習に取り組む学校
 です。難関大学を中心とした大学への進学に対応したカリキュラムを組み、学
 力向上に向けた進学指導を推進しています。
 (小山台・駒場・新宿・町田・国分寺・国際)


【進学指導推進校】
 生徒の進学希望を実現するため、生徒の着実な学力の伸長を図り、進学実績の

 向上に取り組んでいます。
 (多摩地区の学校:武蔵野北・小金井北・調布北・日野台)

特徴ある学校

【中高一貫教育校】
 都立の中高一貫教育校には、6年間の一貫教育を一つの学校で行う「中等教育
 学校」と、都立中学校と都立高校を接続して6年間の一貫教育を行う「併設型」
 があります。
 高校募集を行う「併設型」の学校は 白鴎・両国・武蔵・富士・大泉 です。

【エンカレッジスクール】
 小中学校で十分に能力が発揮できなかった生徒のやる気を育て、頑張りを励ま
 し、応援する学校です。
 1年次は2人担任制をとり、一人ひとりにきめ細やかな指導を行います。学習
 面では習熟度別少人数授業や30分授業を取り入れ、生徒の集中力を維持・向
 上させながら授業を行います。また豊かな人間性を育むため体験学習も行って
 います。
 (多摩地区の学校:秋留台・東村山・練馬工業)

【昼夜間定時制(単位制)】
 自分のライフスタイルや学習ペースに合わせて午前・午後・夜間の部から選ん
 で入学します。1日4時限ずつ、4年間かけて学ぶことを基本としていますが
 他の時間帯の部や学校外での学習活動等により3年間で卒業することも可能です。
 (多摩地区の学校:八王子拓真・砂川)

【チャレンジスクール】
 小中学校での不登校や高校での中途退学を経験した生徒など、これまで能力や
 適性を十分に生かしきれなかった生徒が、自分の目標を見つけ、それに向かっ
 てチャレンジする学校です。自分のライフスタイルや学習ペースに合わせて午
 前・午後・夜間の部から
午後・夜間の部から選んで入学する昼夜間定時制の学
 校です。1日4時限ずつ、4年間かけて学ぶことを基本としていますが
他の時
 間帯の部や学校外での学習活動等により3年間で卒業することも可能です。
 (多摩地区の学校:八王子拓真チャレンジ枠)




一覧へ戻る  |  平成28年度 都立高校入試の変更点 >

このページのトップへ